CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
MOBILE
qrcode

dogachi☆

〜ヤラセなしのガチンコひとり世界一周の旅〜
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | |
grateful days。

気軽に考えて即決したものの。

言葉では全部伝えきれへんくらいの、充実した最高の二週間やった。


お決まりの
『ワーーーーーーークターーーイム!!!!!(work time!!!)』

の声は聞きたくなかったけど。笑





子供たちはみんな元気で、明るくて、真剣で。

ここにはTVゲームも、ホットシャワーも、水洗トイレもないけど。


あったかい時間は常に流れてた。






世界中から集まったワークキャンプ仲間にも。

パワーをわけてくれた子供たちにも。



改めて、ありがとう。














収穫したラディッシュの上で。








ギリギリでいくと、まにあわへん距離にあるトイレ。














湧き水。







友達。








遊びもめいいっぱい。笑
















食事当番。当番の日は畑仕事休みで、ひたすら朝から夜まで20人分くらいのご飯を作る。








香港から来たレインとデヴィに、香港のお祭りで使う灯篭をお土産にもらった。







晴れた日に外でみんなで頭洗うのも気持ちよかったー。









仲良し。
















ワークキャンプ仲間。








打ち上げパーティーで。










一歩外に出れば、どこまでも広がる草原と青い空。









らぶれたー。

















| Mongolia | 16:01 | comments(6) | trackbacks(0) | |
ワークキャンプ。

砂漠も見たくないし、これ以上シェイクもうんざりやし中国戻るかねー。

と思ってた私におんなじ宿に泊まってたエルス(オランダ人女性)が

「私はあさってから二週間、ワークキャンプに参加するわよぅ。」

と教えてくれた。



“両親のいない孤児と一緒に、畑で野菜を作る”といった内容のもの。

二週間、宿泊場所、食事込みで160ユーロ。


値段はちょっと気になるけど、なんかやりがいありそう!!

ってことでその日の夕方には、責任者の人に電話して


私「さっき話し聞いたけど、現地参加アリ?」

責「じゃあ、あさって集合場所に来て。」


・・・あっさり。


というわけで二週間モンゴル滞在延長決定。

あさってから畑仕事が始まります。

| Mongolia | 13:25 | comments(2) | trackbacks(0) | |
北へ〜そのぁ


 



人生で二回目の乗馬体験。

まる1日かけてゆーーっくり湖の周りを歩いたり、林の中を走ったり。(←ホンマに走って冷や汗でたし)



モンゴルは3、4歳から乗馬を始めるのがあたりまえ。

私はタマあり自転車からスタートやったけど・・・。www


ちっちゃい子がさっそうと馬に乗る姿はかっこよくてつい見とれてしまうくらい。





モンゴルの夏のお祭りナーダムでは、30キロ近い距離を6歳から12歳の子供たちが

騎手となって全力疾走するっていうからこれまたすごい。




次の日、私は太ももはピキピキやったけどなー。











今日の乗馬の先生、ウィッチ12歳。






北に住む民族ツァタン。
この人たちはトナカイを飼うめずらしい種族。

生活する家もゲルじゃなく円すい型のテント。


でもコレはツーリスト向けで本物のツァタンには出会えへんかった。残念!!


















| Mongolia | 12:45 | comments(13) | trackbacks(0) | |
北へ。〜その〜

 最初の二日は、ひた走り。





三日目の夕方にようやく目的のフブスグル湖が見えた。


天気のいい日は海みたいに真っ青!!!!!

シェイクに耐えた甲斐があったよーーー。・゚・(ノД`)・゚・。


























大草原しかなかった私の中のモンゴルイメージは、きれいに砕けたワ。

教科書で習ったタイガ地帯・・・これかぁ。





こんな穏やかな風景やけど、冬にはこの湖も厚さ5mの氷に覆われて

馬ゾリが行き交うらしい。。。

その氷が6月まで残って、8月下旬にはもう秋っていうんやから

いかにすごしやすい夏が一瞬なのかがよくわかる。


8月上旬のこのときはストーブはたきっ放しの日もあるくらい寒かったー。








モンゴルの北に住む人はたまにきれいなブロンズヘアー。

民族の血っておもしろい。









お邪魔したゲルの中は火をたいているからあたたかい。

料理を作るのも、眠るのも、ここで生活の全てが事足りる。

あ、トイレはもちろん外ね。



お母さんはウルム(バターみたいなもの)を作ってるとこやった。


沸騰寸前のヤクの乳に少しの小麦粉を入れて、こうやってひしゃくで

すくっては上から落とす動作をくりかえし放置するとできるらしい。






味はバターとはまた違う。濃厚なミルククリームっていう感じ。





いきなり来た来客にいやな顔ひとつせず、どうぞどうぞといろんなものを進めてくれる。


ツァイと呼ばれるモンゴル版ミルクティーはほんのり塩の味がした。










甘酸っぱい木の実。

























































 

 

| Mongolia | 18:47 | comments(2) | trackbacks(0) | |
北へ。〜その◆
 
移動中、あーーー最近、虹見てないなーって思ってたら(←コレほんま)

次の日の朝、テントから頭出したら完っペキな虹がかかってた!!!!!



邪魔するもののない大地に、朝日の光で浮かび上がった

ほんわりピンクの虹。(一部ダブル!!)











シェイクされっぱなしやから、きっと神様がご褒美に。。。笑






虹はモンゴル語で『Solongo(ソロンゴ)』。


そしてはるか昔、朝鮮半島に侵略しにいったチンギス・ハーンはそこでたくさんの虹を見た。



だから今でも韓国人のことを『Solongos(ソロンゴス)』っていうんやって。

ええなー(´Å`)かわいい名前。


日本はたどりつけへんかったからか、なんなのか。。。『Japon(ヤポン)』







虹の下には私が寝てたテント。

あーーーシアワセ☆



そしてつかの間のご褒美は静かに消えていった。涙







| Mongolia | 10:15 | comments(2) | trackbacks(0) | |
北へ。

 ロシアのすぐ下にあるフブスグル湖までの9日間の旅が始まる。

5人集めて(だいぶ無理やり。笑)1人1日37USドル。
これに、3食、ドライバー、ガソリン代、宿代、テントレンタル、乗馬etc・・・全て含まれる。

この9日間に耐久レース並みの60時間以上を車で走ることになろうとは、このとき知る由もなし。

素敵なくらいガチガチショックのロシアンジープ。















合わせたわけじゃないんやけど。みんなCMみたいにカラフルシャツやろ。www














ウランバートルから1時間くらいはアスファルトの道やけど

それ以外はほとんどただいま製作中。


うねうねと曲がりくねって、もうイヤっ!!ってくらいぼこぼこの道で

車の中はずーっと誰かにシェイクされてる感じ。


うたた寝するとイスから落ちそうになるか、舌かみそうになる。


ポーランドから来たマルチンは、初日ずっとグロッキー入ってろくに食べ物口にしてなかったし。



9日後、久しぶりにアスファルト見たときみんな発狂したみたいに叫んでたもんな。笑





みなさん、モンゴルの旅は道が出来上がった2年後くらいがお勧めです☆




















ご飯は大草原で。

コンロでパスタゆでたり、時にはローカルレストランに入ったりー。










夜には満天の星空やった。

天の川もばっちり。










| Mongolia | 17:50 | comments(6) | trackbacks(0) | |
世界一。
 世界一、過疎の国。モンゴル。


景色見てる以外は、ほぼ爆睡か、先生に遊んでもらってる間に首都ウランバートルについた。





国境越えたのは夜中一時ごろ。
そういえば何回も途中で「おきなさいっ」って監査員に怒られたような。。。

車輪付け替えはねー、ブランブラン吊るしてやるのかと思いきや
ジャッジ(?)で少しずつ車体を上げてやった。(`Д´)ちぇっ

でもゲルの形のかわいいスタンプをパスポートに押してもらえて大満足。





ついて早速、宿探して荷物置いてツアーメンバー確保!!
(一行でかけたけどこれ全部終わるのに8時間近くかかった。泣)


次の日から早速ツアーに出かけます!!






窓からの景色 蔽羚颪任討垢亜





景色◆淵皀鵐乾襪弔前)







都会、ウランバートル。

| Mongolia | 18:52 | comments(6) | trackbacks(0) | |
| 1/1PAGES |