CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
MOBILE
qrcode

dogachi☆

〜ヤラセなしのガチンコひとり世界一周の旅〜
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | |
マイノリティー。

今回のアジアの旅、私の最大のテーマでもあった。

少数民族の人達に会うこと。


貧しくとも、時代の新しい波に乗り込まれようとも、自分たちのスタイルに誇りを持って、それを保ち続けている人達。。。

かっちょいーーー!!!


雲南省、元陽に引き続きベトナム北部にもいろんなグループが。

写真で元陽から紹介。



























ベトナム北部↓ ↓ ↓







ハニ族のオシャレのポイントは植物で染めた黒い歯。











色もシックだったりカラフルだったり様々で、オシャレのポイントも

グループによってまったく異なる。

同じような衣装を着てる、同じグループでも世代によって

オシャレポイントが違うのがおもしろい。

若い子には、チラリとレースがついてたりね。


とても貧しいとは思うけど、このあたりの町で都市部にいるような物乞いは見当たらなかった。

アヘンやりすぎて、アヘン買えなくて死んじゃった・・・なんて話もきいたけど。


大多数の人達は今『ある』もので、生活が事足りている。

もちろんケータイなんかが必需品になってきてるような部分もあるんやけどね。


言語についても面白いと思うことがあった。


たとえばモン族は中国の南部にも、ベトナムの北部にも

ラオス、タイの北部にも生息してるんやけどルーツが同じだから

言語もほとんど一緒で会えば話が通じるんやって。


いかに国境なんてものが後で勝手に作り上げられたものかがわかる。

すごいよなぁ。ルーツって。

そうそう、日本人の太古のルーツはインディアンやった。っていう説もあるらしい。

私たちは、その言葉も、その記憶さえも失くしてしまったけど。


それをまだこうして守り抜いているこの人達を

尊敬の念を込めて、こう呼びたい。


ビバ!!『Minority People』




| Vietnam | 00:29 | comments(7) | trackbacks(0) | |
ウルルン☆滞在記。

ツーリストオフィスで働いていたフラワー・モン族の“コイ”。21歳。女の子。

次に行こうとしてたバクハという村の出身で次の休みには帰るっていうから、一緒に村まで連れて行ってもらうことになった。バス乗ってる間に話してるうちに、コイの家でしばらくお世話になることに。

コイから家においで!!って誘ってくれたものの、

「私の家は畑と、豚の小屋と、馬の小屋と、牛の小屋と、鶏の小屋と、ウサギの小屋しかないけれど。それでもいい??」「一度見て、いやなら街の宿に泊まってもいいからね?」と、不安そう。

ある程度、修羅場(?)をくぐってきた私は自信たっぷりに

「大丈夫。」と答える。笑。



コイの村はバクハの町から5km手前の山手を少し登ったところにあった。



インドでおとんと旅したときに、5分くらい山を下ったところにようやく宿があったことを思い出したけど、今度は逆。家まで10分の登り。

お父さんと、お母さんと、お兄さんと弟の五人暮らし。後のお姉さん二人は離れたところの学校の寮で暮らしてるらしい。


コイの家は、確かに畑と豚の小屋と、馬の小屋と、牛の小屋と、鶏の小屋と、ウサギの小屋しかなかったけど、静かで、やさしくて、すごく居心地のいい家やった。


ご飯の時間が近づくと、家の裏にある畑や山に行って食べたい食材を食べたい量だけとってくる。枝豆、芋のつる、かぼちゃの茎と葉と花、キャベツ、ミントの葉・・・

どの部分がおいしくて、どうやって調理をするのか、コイが教えてくれた。




    

左がコイ。実をはさんで顔にくっつけるだけの、くだらん遊び。(爆)

こんなくだらん遊び、今の日本の子供は知らんにゃろうなー。



戦時中に芋のつるとか食べてたことがあったって聞いたことはあったけど、かぼちゃの花や茎や葉っぱが食べられるとは知らなんだ。『お金がなくなっても生きていけそう・・・。』ってシミジミ思った。


夜はコイのお兄ちゃんが、庭で走り回ってる鶏を目の前で一羽しめて、料理してくれた。

湯がいて、紫蘇の葉をきざんで塩ともみこんだだけのシンプルなもの。紫蘇の香りが日本の味を急に恋しくさせる。



「紫蘇といえば。。。」持ってた紫蘇のゆかりとふりかけを出してきてみんなに勧める。くんくんにおいをかいだり、ぺロッとなめてみたり。弟は気に入ったみたいでご飯にたくさんかけ始めた。笑


コイ以外は英語が話せないから、他の人とは完全ジェスチャー。


コイのお母さん。



フラワー・モン族のマーケットへ行ったり、豚のえさになる、とうもろこしの実を何百本も手でほぐしたり

それをうすでひいたり。毎日お手伝いがおもしろい。




マーケットに行く前のオシャレチェック。






売られていく子ブタちゃん。






私がもち米が好きだと知ったら早速お母さんが前の日から一晩水に漬け込んで炊いてくれた。


植物で色をつけた紅白ごはん!!おいしかった!!


お世話になったお礼に。。。と少しのお金を渡そうとしたけど

頑としてお母さんは受け取ってくれなかった。


だからマーケットで大根とブタ肉をを買い込んで、しょうがとかつおだしと醤油で

くつくつ二時間ほど煮込んだ料理をお礼に作ったら

「ちょっとしょっぱいけど、すごくおいしい!!」とみんな喜んでくれた。

よかった!!




村を出る私に、もう一度蒸しなおしたもち米をうらに生えてたバナナの葉で包んで

持たせてくれたお母さん。


話した言葉は少なかったけど愛情はたっぷり感じたわ。


ありがとう。

お世話になりました!!


| Vietnam | 12:52 | comments(1) | trackbacks(0) | |
バースディ。


3日遅れで、道であった(説明省略w)人達に祝ってもらった。









いろんな国の言葉で『ハッピーバースデイ☆』をもらったら

妹にも言われた「三十路へのカウントダウン」もふっとんだ。笑



生まれてきたことに「おめでとう」っていわれるなら

やっぱり何歳になってもきっと私はうれしいと思う。

・・・ハズ。





散々食べて飲んで、ベトナム人引いて、割り算したのに

1人たった70000D(約350円)!!

キャーーーー!!!


日本からも「おめでとう」の言葉をくれた人たち&My Family。

いつも励まされてるよ。ほんとうに、心からありがとう。

| Vietnam | 00:47 | comments(6) | trackbacks(0) | |
| 1/1PAGES |