CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
MOBILE
qrcode

dogachi☆

〜ヤラセなしのガチンコひとり世界一周の旅〜
<< タージマハル。 | main | 山登り。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | |
もう一つのチベット。

お父さんと私が本当に行きたかったのはチベットだった。

でも今はまだ不安定な状態で、パーミッション(許可証)やら、ガイド料やら

いろいろ計算すると、とんでもない金額になることが判明。



それで次に選んだのが、あのダライ=ラマ法王が亡命した地、インドのダラムシャーラというところ。

亡命したダライ=ラマを追ってたくさんのチベット人がこの地に住み着いたため、インドであってチベ

ットのようでもあるそんなフシギな町。いつの日か平和の訪れたチベットに帰ることを夢見てみんな

細々と生活している。

デリーから電車で約8時間。パタンコートからバスに乗って山を登ることまた三時間。

ようやくダラムシャーラについた。


タイミングのありがたいことに、その日はダライ=ラマ法王が病院から村へ戻ってくる日だった。

体調が優れなかったので療養されていたらしい。


村に続く山道は早くから沿道に旗がはためいてチベットの旗をもったチベタンが一目、法王にお会い

したいと正装して待ち構えていた。



宿探しも後に回して、道の脇に荷物をほったらかして一緒に並ぶ。笑














何百人ものチベタンが(たぶん村のチベタン全員)所狭しと並ぶ姿を見て

こんなに慈しまれて愛されている指導者を実際に見たことがないなーと思った。

優に2時間ほど待ってようやく車が通った。

ほんの一瞬。にこっとやさしく微笑むダライ=ラマさま!!

あちこちからみんなの感嘆のため息が聞こえる。



一緒になってホォォォォとため息。

感動してたら写真撮る暇なんてなかったよ・・・。

| India | 23:17 | comments(2) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 23:17 | - | - | |
なんだよ〜。
写真だめだったのかぁ。残念。
それにしても、やっぱりチベットはまだ
行けないのか…。厳しいね。
| じいさんパッカー | 2008/11/12 3:51 PM |
じいさんパッカー>あー、父上が撮ってた!!写真もらうの忘れました・・・。

チベットは厳しいらしいですよ。でもまた次の楽しみができたと思うようにしまーす。
| まゆみ | 2008/11/14 9:09 PM |









http://dogachi.jugem.jp/trackback/159