CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
MOBILE
qrcode

dogachi☆

〜ヤラセなしのガチンコひとり世界一周の旅〜
<< メルボルンへ。 | main | 似非。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | |
再会。
シドニーからすぐにホノルルへ向かおうと思ってた。
でも次いつこれるかわからないと思ったら無性にもう一度メルボルンに行きたくなった。

オースラリアのお母さん、ナタリーに会いに。

ナタリーはフィリピン人。
彼女とは六年前にトラムの中であった。


バリでテロが起きた次の日、
花束とろうそくいっぱいの国会議事堂の前にきたとき
胸の前で手のひらを重ねて目を伏せた隣の席のナタリーに私が「インドネシア人ですか?」って声をかけたのがきっかけ。

以来、家に遊びに行けば以前コックだった腕を振るい、いつもすごい量のご飯をたべさせてくれ、ホストファミリー以上に私を気遣ってくれた。


でも当時、彼女はガンで毎日手のひらいっぱいの量の薬をのんでいた。
手足はいつもガラスのように冷たくて
私でも簡単に抱き上げられそうなくらい細かった。

体調の悪い日はイスに座るだけでも、体を手でも支えないといけないくらいで
そんな日は「またくるね。」って彼女のほっぺにキスだけして帰ったのを良く覚えてる。

日本に戻ってから、姉が姪を産んだときなんかはうれしくて写真を送ったり、ときには電話をしたりもしたけど
いつしか忙しさにかまけて連絡が途絶えてた。


そしてもうひとつの正直な理由に、彼女の訃報を聞きたくなかったのもあった。

勝手に殺すなって思われるかもしれないけど
当時の彼女にはそれくらい生気のないときがあったのだ。


トラムの中から見慣れた町並みに近づきながら、私は期待と不安でいっぱいだった。


道は覚えてる。

何回も通った。


トラムを降りてすぐに並木道のとても気持ちがいい陽だまりの中、彼女の家の前に着いた。

車はない。でもまだすんでいる気配がある。
おそるおそるベルをおした。

返答は・・・ない。

もう一度押してみたけどやっぱり留守らしい。

向かいのとおりに庭弄りをしてるおじさんがいたので意を決して聞いてみた。

「今、この家にはナタリーはすんでますか?」

「あぁ、奥さんが確かそんな名前だったかな。」

「彼女はまだここにすんんでますか?」

「あぁすんでるよ。」

よかったぁ。ナタリーは生きてる!!!!!

元気にしてるだろうか。

一時間ほど前でまったけど帰ってくる気配がない。

隣の男の子が心配してか私に誰か待ってるのかをきく。

「ナタリーの友人で・・・」

「へぇ。でも大きい荷物はバックヤードに置いたほうがいいよ。」

って言われてバックパックを置きにおそるおそる中に入る。

「ナタリーは元気?」

「あぁ、元気だよ。」


生きてることと元気にしていることがわかったのでうれしくて安心したのと同時に私は昨日の夜から何も食べていなかったのをやっと思い出した。
メモを残して5分ほど離れたスーパーへ向かう。

フィッシュアンドチップスの店へ行った。その名前のとおり、ただ揚げた魚と、フライドポテト。
でもこの魚、オーストラリアの中でもメルボルンは一味違って実はサメなんだな。
映画のジョーンズでもおなじみのあのサメ。
癖のない厚みのある白身魚で、塩を振った後にレモンをぶっかけて食べるとこれまたサイコー。
一週間に一回は必ず食べるくらい私は大好きだった。

メルボルンにきたらぜひ一度ご賞味アレ。





お腹もいっぱいになってさぁ待つぞって、また玄関の前で身構えて一時間ほど経った。

さっきの男の子のお母さんらしき人が来て、

「待ってるならうちに来てコーヒーでも飲みなさい」

って家の中にいれてくれた。ナタリーの友達らしかったので

「ナタリーは元気ですか?」ってまた聞く。

「えぇ。元気よ。以前はすごく体調が悪かったけど。」

「今はよくなったんですね!?」しつこくまた聞く。

ナタリーは手術をして以前よりずっと元気になったらしい。ほんとに良かった。

「どれくらい待ってたんだ?」彼女の旦那さんに聞かれて

「一時間くらい・・・?」ってあいまいに答えたら

「二時間は軽く待ってるだろう!?」っていわれた。

・・・こりゃ、ずっとみられてたな。


コーヒーやらクッキーやらジュースやらいただいてるうちに二時間ほど経った。


「帰ってきたみたいだよ」

男の子に教えられて隣に走る。

もう一度ピンポンをおすと

「はい!?ジョシュ!?はいってらっしゃい」って懐かしい声。

「私です!まゆみ!!おぼえてる!?」

以前より少しふっくらした顔のナタリーがひょっこり顔をのぞかせる。

目をぐりーって見開いて口をあんぐりあけた後

「まゆみ!?しんじられない!!」ってさけんだ。

「会いたかった!!」って私はおもわず泣きながら彼女に飛びついた(笑)


「離れてた間の話をきかせて。」

って、つたない私の英語をせかさずにゆっくり相槌をうってくれる。

その後当たり前のように私の荷物を空いているベッドルームの中に招き入れて

「あなたの家だと思ってつかいなさい」

っていってくれた。

ナタリー最高♡♡♡

シドニーでも6年前に比べて物価が上がって、ドミトリーのくせに一日に二千円近い値段で泊まってたので

遠慮なく数日泊まらせてもらうことにしようっと♡


土日はまたパーティー三昧にちがいない(o´艸`)


ナタリーとデリック
| Australia | 09:52 | comments(9) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 09:52 | - | - | |
パーチーで浮気する気だなーコノヤロー
| ゴル | 2007/10/08 11:33 PM |
すげぇ〜♪
ガチで読んでもうたやんw

ナタリ〜これからもお元気で!!
| Takeji | 2007/10/09 12:18 AM |
あぁ〜!メルボルンいいなぁ!
懐かしい!!
そしてなんともいい話やな!
ん〜、良かったな!!
| フッディー | 2007/10/10 3:27 AM |
ゴル>(*´-д-)フゥ-3

タケジ>長くてごめんやデ。ナタリーに伝えとくわ。


フッディー>やろ?懐かしいやろ?今はトラム、ゾーン3まであるねんで!!びっくりしたわぁ。
| まゆみ | 2007/10/10 12:29 PM |
ブログをみて涙がとまらなかった。
素敵な出会いをたくさんしてきたんだな、
そして今も大事にしてる。
元気そうだな。
ゆったりした、すごくいい時間を過ごしてるみたいでなんだかうれしくもなった。
まゆみさんにあいたいな。。
| 中村 かずえ | 2007/10/10 9:56 PM |
本読んでるみたいな気持ちになったし。。
ほんとに素敵な再開はたせてよかったね!
スタートからとびきりの思い出いっぱい作ってるやん!!

| りょうこ | 2007/10/10 10:06 PM |
かずえさん>今はほんとにゆったりモードですね。頭の中だけはつたない英語がフル回転ですが・・・。アメリカに備えてここでもう少し耳をならしておこうかと。にしても英語はむずかしい!!わたしもかずえさん&本格パスタが恋しいです!!帰ったらすぐに会いにいっきまーす!!

リョ−コ>まったくありがたいわ。いろんな人に感謝しております。観光名所はまったく行ってないけどな(笑)
| まゆみ | 2007/10/13 1:03 PM |
ああ…ナタリー生きていてよかったぁ!!まゆみ、会えてよかったね☆
今電車の中で読みながらオーストラリアに気持ちが戻った!
もう6年前になるのかぁー ちゃーるもお邪魔させてもらったことあったので
家の中の雰囲気とか思い出してました(^▽^)
遅れたけどお誕生日おめでとう!!!
旅を楽しんで〜☆
今からタハラリエと会ってきます♪
| ちゃーる | 2007/10/14 11:50 AM |
ちゃーる、久しぶり!!&ありがとう!!
リエにも会いたいわ(o´艸`)

6年も過ぎたとはおもえんやろ!?
私も改めて驚いたぐらいやし。

みんなで取った写真とかも残ってて。
懐かしく思い出してるところ。

もうしばらくナタリー家にお世話になるわ!!
| まゆみ | 2007/10/15 1:05 PM |









http://dogachi.jugem.jp/trackback/17