CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
MOBILE
qrcode

dogachi☆

〜ヤラセなしのガチンコひとり世界一周の旅〜
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | |
ウラシマタロウ。

26日にカリフォルニアへ戻ってきてからロスから少し離れた

‘La Habra'という町にきた。





ここではドロレスの息子チューイの家でお世話になっている。

チューイの家族は奥さんのイメルダ、娘のディステニー(15)、ローレン(9)の四人家族。







毎日いろんなところへ、いろんな人に連れて行ってもらって感謝しっぱなしだった。

シティ内は公共の乗り物が充実しているんだけどここから行くには車がないとちょっと厳しいんだな。




マズは映画の町『ハリウッド』!







街中を歩いてチャイニーズシアター前で有名人の足跡探し。










次に『ワインセラー』のはしご!!





5ドルで5種類のワインを選んで味見ができる。





お次は個性的で安いショップ、露店が並ぶ『ベニスビーチ』!!

『マッスルビーチ』っていう屋外のジムがあって、筋肉マンだらけ。

カリフォルニアの州知事シュワちゃんがスカウトされた場所でも有名らしい。














日系人の故郷、『リトル東京』!!!
日本の食材はほぼ完ぺキに手に入る。







まだまだ続くよ、本場!?夢の国『ディズニーランド』!!!!
(他のランドはフェイクだってみんな言い張る。笑)
平日にいったのでどのアトラクションも待ち時間がほとんど0分〜10分!!








そしてそして、お隣のネバダ州にて。オトナの夢の国『ラスベガス』!!!!!
もう、そこらじゅうキラッキラ!!
わざと老舗の『サーカス』って古いカジノに入ったら
天井では空中ブランコのショーが!!


















仕上げはユニバーサルスタジオハリウッド!!!!!!

本物の撮影場所の見学なんかは流石!!の一言。これはU○Jと比べもんにならない。

『ディスパレートな妻たち』の家の前の道のセットに一番興奮するワタシ。笑。










これでもかってほど、キョロキョロして

どんだけ〜ってほど楽しんだ。(ん?もう誰も使ってない??)


ほとほと体が疲れきってベッドに倒れこんで


朝、目がさめてふと思った。



あり?



これは『旅』か??


私の脳みそ、今動いてるか???





・・・いや、かんっぺき腐ってる!!!!!



あまりにパーフェクトでみんながやさしくてウラシマタロウになっていた!!!!

気づいたらホノルルから移動してきてオレゴン含め、どっぷり三週間甘えられるがまま

に甘えてしまっていた。

どこで降りるのかバスのアナウンスを聞くため、うつらともせず気を張ることも、



買った材料で何日もつか頭をフル回転させることも、


穴が開くらい地図を見ることも、



ただでさえできない英語を電話で聞き取らないといけないドキドキした緊張も、


今は、ない。

いや、ありがたいことなんだけど、それは。



でも、宿にたどり着いただけなのに涙が出そうなほどうれしい感動も、



遠回りして失敗しても、新しく何かを学んだ後に「次は失敗しないワっ!!」って思う自信も、

今はないんだわ。



完全に甘えてお世話になりすぎてしまっていた!!

このままこれが続くと私は何にも成長しない!!!!


そう、わたしは『追い込まれないとできない人』。


コレを改善するためにも今はあえて自分を追い込まなくては!!!


できるだけ自分の力で行動しよう・・・。





反省。







お次は極寒ニューヨーク!
気を引き締めなおしてまいります!!
| U.S.A. | 16:08 | comments(4) | trackbacks(0) | |
ライオン?

ターキーを食べる‘感謝祭’の今日。

ニューポートって言うところへ連れて行ってもらった。

ここはオレゴンから車で二時間ほど離れたところ。

車から降りるなりヘンな泣き声が聞こえる。

「何!?何の声!?」って海まで出たら・・・





泣いてる生き物の正体はトドだった!!




英語で‘Sealion’ライオンって・・・

ずいぶんイメージがかけ離れるけど。





なんやそこらじゅうにうじゃうじゃいた。




魚の乱獲によって数が激減して1990年以降アメリカでは‘絶滅危惧種’に指定されている。

オスで大きいのは1トンを超えるものもいるらしい。

これがまたほんとにデカい。

ほとんどが寝てるんだけど、たまに体が重なると

「重いのよアナタ、あっちにいきなさいヨ!!」

って怒る。



私にはどれもが太った女性に見えて、

「将来こうはなりたくないないな・・・。」

と周りとは一人違うことを想像してたのでした。

| U.S.A. | 15:29 | comments(3) | trackbacks(0) | |
クッキング。
ジェシカの1分間クッキング!!

〜材料〜
※スナック(なんでもいい)
※けちゃっぷ(もしくはチリソース)
※ライム



〜作り方〜

今日はぴりからスナック‘Cheetos’を使います






ー蠅鬚れいにします








▲好淵奪にけちゃっぷを大量にぶっかけます。
(辛いスナックはけちゃっぷを、辛くないのにはチリソースを)








ライムをおもいっっくそしぼります(これまた大量に)







混ぜたらカンタン出来上がり!!!


ジェシカコレ見たら怒るやろな・・・。www
| U.S.A. | 13:35 | comments(6) | trackbacks(0) | |
もんごりあん。
今日は買い物の帰りに‘モンゴリアンフード’を食べに行った。
これがジェシカの言ってたヤツか・・・。

店内に入ると店の真ん中にサラダバーのようなものが。

中をのぞきこむと・・・ん?生肉??

牛肉、鶏肉、豚肉、ターキー、ラム、魚、カニ(カニカマね)・・・いろんな種類の肉プラスなぜか油揚げ。







カットした数種類の生野菜(キャベツ、ブロッコリー、もやし、ねぎ、トマト、チリ、セロリ・・・中には山芋まである)


それから何種類もの調味料(ごま油、ラー油、酢、オイスターソース、醤油、塩水、砂糖水、生姜エキス、ガーリック・・・)









横にはラーメンの入れ物くらいの大きさのボールがおいてあるので
これらを好きなようにボールにトッピングして、すぐ横にある鉄板に持っていく。
私は魚を多い目にして後は鶏肉と豚肉、麺少なめの野菜たっぷり、ガーリックもた〜っぷりにした。







ここからは店のお兄さんの仕事。でっかい丸い鉄板の一部を使って次々に炒めてくれる。
何せ区切りがないもんで。隣の人のトッピングが混ざっちゃうのもご愛嬌。笑。







それをこーやってカウンターの外で待つこと約三分。








「はいよっ!!」っておにーさんができあがったものを渡してくれる。








じゃーん。出来上がり。
ちなみに私はブロッコリーはトッピングしてない。笑。


これをこのまま食べるもよし、ご飯と食べるもよし、北京ダック食べるときのようなうすい生地に包んで食べるもよし。ご自由に。
ご飯と薄い生地はどうやらタダみたい。








って、しかしコレはモンゴリアンフードなのか・・・?
ジェシカいわくどこにいってもこんな感じらしい。

人によってはこ〜んなに大盛りになることも。
マリアはちなみに反則してボール二つを使っていた。笑。







そして食後のアイスクリーム(味はチョコレートのみ)もタダ!!

コレで一人700円くらいかな。なかなか楽しめるでしょ。
いろんな意味で(o´艸`)

レジにおいてある占い入りのクッキー食べて大満足で帰りましたとさ。





占いの結果は「最高のバケーションがあなたを待ってます」きゃっほほほう!!!
| U.S.A. | 13:48 | comments(2) | trackbacks(0) | |
ロサンジェルス。
約五時間ほどで飛行機はロスに着いた。
ホノルルとは約三時間時差があって午後9時半。

結局飛行機の中で映画は二本流れど、飲み物のサービスが二回きただけで機内食は出なかった。
なにを飲もうか、食べようか楽しみにしてたのに。
アメリカンエアラインのケチ(*゚д゚) 、ペッ

ホノルルでマフィン食べといてよかった。


空港にはすでにドロレス、チューイが迎えに来てくれていた。
メキシコ人だったのか・・・。聞いていたはずが旅でゴタゴタあったからすっかり忘れていた。

この二人、実は今日が初対面。
以前勤めていたウェディングドレスの会社のお得意様、クリーニング会社のご親戚。

あつかましいお願いだと思っていたけど、なんせ長い一人旅。ご好意に甘えようと、ホノルルにいるときから何回か電話をして連絡をとっていたのだ。

「はじめまして、私の名前は・・・」ともう一度自己紹介からはじめる。


でも二人はとっても気さくで車の中ですぐに打ち解けることができた。
チューイは大きいケーブルを扱う仕事。映画のスタジオなんかで働くらしい。
ドロレスは車のディーラー。
「何の車のってるかって!?今はBMW・X3だけど、毎月乗り換えてるわよ!!!あははは!!!」
底抜けに明るく笑うドロレス。

この人たちの家にお世話になるのか・・・って思ってたらドロレスはシェアメイトと2人と別のとこに住んでいて、私はチューイの家にいくらしい。

しかもドロレスは今から一週間オレゴンの姪っこの家にいく。しかも自分で運転してオレゴンまでいくという。
「車で30時間くらいよ。」
って簡単に言うけど・・・半端ナイ時間。「30時間!!?13時間じゃなくて!!?」って何回も聞いてしまった。
私も日本では海へ行くのに4〜5時間運転はしてたけど・・・スケールが違う。
でも、せっかく会えたのに残念だ。

途中ドロレスがお金を降ろすためにスーパーによったので私はチキンサラダ買った。ホノルルで野菜不足だったから・・・。



チューイの家は空港から高速に乗って20分くらい。ドロレスの家はチューイの家をもう10分ほど過ぎたところにある。
「お腹すいてるでしょ。サラダうちで食べていきなさいよ。」
ってドロレスが言ってくれたので家にお邪魔することになった。

ドロレスの家は半端なくデカい。
玄関開けてすぐに真ん中にどーーーんと螺旋階段がある。
家の中も完璧にコーディネイトされてぴかぴかでまるでモデルハウスのようだった。

「こんな大きな家誰が掃除するの?」ってきいたら

「ぜんぶ私がやるわよ!」ってドロレス。肝っ玉母ちゃんだな。

家には、ドロレスの娘ペリーも旦那さんのジョンと二人で遊びに来ていた。
自己紹介しあうなり、「南米いくのにスペイン語できないの!?コレだけは覚えなさい!!」ってペリーがスペイン語を教えてくれる。


「ドンデ エスタ エル バーニョ。」
「ウナ セルベッツァ ポルファ ボーレ。」

「なんて意味?」ってきいたら

「トイレはどこですか?」と
「ビールひとつください。」だった。笑。


ジョンが名詞をくれる。
うわさには聞いていたが実際見てみると・・・スゴイ。








ジョンはエンジニア。そう、あのディズニーランドで働いてるのだっ!!!
「来週の火曜日なら入れるよ。」
タダで本場のディズニーランド・・・うそじゃなかったのか。


「ラスベガスはいかないのかい?」とジョニー。
あんまりアメリカで移動を考えてなかった私は「たぶん。」と答えた。
「ベガスに行かないの!!?」今度はペニー。話を聞いてたらどうやらこの二人、大のベガス好き。

「金曜に連れて行ってあげるわよ。車で四時間くらいよ。トレイラーでいってしばらくトレイラーで泊まってベガス三昧もいいわね。あ、でもニ、三日にしとかないとお金なくなっちゃうわね!あははは!!」

ペニーも大きな口でよく笑う。明るい素敵な人だ。みんなイイ人でよかった。思った以上に楽しくなりそう。


人が増えたので写真を撮ることに。
ハイッちーず!!






ペリー夫婦が帰るので見送ったら今度はドロレスのお姉さんマリア登場。







ドロレスはこの人と一緒にオレゴンにいくのか・・・。
準備のために外に出たらマリアの娘二人が車から降りてきた。
かわいいっ!!お姉ちゃんのトランチェスカと妹ちゃんのジェシカ。
「二人の写真もとらせてっ!!」っていったら
「寝起きだからダメ。」っておねぇチャンに断られた。15歳・・・思春期かしら。


チューイが荷造りをするためはしごを出すのにガレージをあけた。

日本のガレージの扉4枚分ぐらいの大きさの扉が自動で一気に上がる・・・。
デカっ!!

そしたら中にはハーレーが!!!


かってに人のバイクにまたがってドロリュスと写真をとりあいっこ。




サマになる人。





ならない人。



キャッキャいいながらハーレーで遊んでいたらお姉さんのマリアが
「あなたも一緒にいかない?」

「・・・へ?」

「オレゴン。娘の家よ。一緒に行かない?」

一緒にって・・・車で30時間離れたオレゴン?今から?
時間は夜中の12時すぎ。ロスには今さっき着いたばっか。

「だって車にはいっぱい荷物が・・・。乗るとこなんてないでしょ?」
って覗き込んだら毛布やら何やらいっぱいの荷物の中になんとひとつだけ後ろの席が空いている。わぉ(σ゚Д゚)σ
そしてすぐそばには私の荷物は完璧にパッキングされたまま置いてある。(まだ開けてもいませんから)


「席ならあるわよ。オレゴンまでタダよ!!」とマリア。
「あなた旅してるんでしょ!?行くわよ!!」とドロレス。

ベガスもディズニーも気になるが・・・・・・・・

「んー・・・いきます!!!いくわ!!オレゴン!!」










ロスの近郊に滞在すること約2時間。
こうして七日間のオレゴンへの旅(?)は、へんなノリとほぼ意気負いで始まった。






| U.S.A. | 20:08 | comments(4) | trackbacks(0) | |
祈り。




ロコボーイはほんとに波乗りがうまい。

ボードが体の一部みたいに操られてる。

そりゃ毎日パイプラインで鍛えられりゃぁ、うまくもなるわな・・・。










海に入る前の彼らの儀式。
少しの海水を手にとって額から胸へ、つけながら十字(クロス)をきる。






海への感謝と、慈愛、無事に陸へ上がってこれることへの祈りだろうか。


うひょーかっちょいーーっ!!って思ったけど、仏式でやってみた自分を想像して・・・やめた。
なんかアブナイ人に勘違いされそうだ。

祈るのは頭の中だけにしておこうっと。




| U.S.A. | 19:42 | comments(2) | trackbacks(0) | |
べサニー・ハミルトン。
今日、サーフィンの試合でベサニー・八ミルトンを見た。




彼女は4年前、13歳のとき練習中にサメに襲われて片腕を失った。でもその後も海の中で波と向き合い続けて全米5位という偉業を成し遂げ人々に感動を与えた。そして今もなお彼女は絶大な人気を誇る。



片腕でパドリングをし、体のバランスをとって器用にボードを操り、人一倍トリックをこなす。



どこからそのパワーとガッツが生まれてくるのか・・・。


見てるだけで胸が熱くなった。


観客の熱い声援に迎えられて、陸に上がってきた彼女は満面の笑みで答えてくれた。


死ぬほどの恐ろしい目にあっても、彼女は波に乗ることをやめなかった。


そんな彼女に心から声援を送った。


カッコよすぎるっ!!!









ノースショアにきてよかった。






結局三日連続で試合を見ることができた。ツイてるわ(o´艸`)





そして今日も帰りにまたカキ氷が食べたくなって、MATUMOTOじゃない安いほうの店(1ドル)による。








ピンクが‘ライチ味’、真ん中の透明が‘ココナッツ味’、黄色いのがまたしても‘バナナ味’!!
おいしーーーいぃっ!!!








向かいにスゥッて現われた虹を見ながら食べた。
今日も最高にいい日だった。







| U.S.A. | 19:01 | comments(4) | trackbacks(0) | |
再び。
ホノルルに六日ぶりに帰ってきた。

空港で急に人気が多くなったことに気づく。

そうそうココは観光の島、ハワイだったわ。
みんなおしゃれできれいに着飾ってて急に文明に引き戻される。



ノースショアのホステルのスタッフが、前に泊まってたワイキキのホステルまで
迎えに来てくれるのでワイキキまで一旦バスで戻ることにした。
重い荷物でバスに乗るのはいやだったけど、「空港まで来れる?」って
電話で聞くにも小銭がない。
何箇所か両替できるか聞いたけどムリだったし、何か物を買うにも空港なんで高すぎてあきらめた。

ワイキキについてお迎えまで二時間半。なにして待とうかな〜なんて考えてたらホステルは丁度朝ごはんタイム。
いひひ。バレないんじゃないの?なんて思いながらまんまとトースト四枚を食べた。
たっぷりバターとジャム塗って。うふ。

そして時間もあったのでついでに洗濯もすることにした。1ドル50セントで乾燥までできる。
トレッキングで汚れた服もたまってるし今のうちに。
そしたら・・・。
「カラー」ってボタン押したのに一枚は色がハゲハゲで、二枚の服に色がうつってしまっている。
ハゲハゲはなんとかデザインにもみえるけど色の移ったこの服は使えそうにない。
日本から持ってきた洗剤使ったのにぃ(;→д←) ついてない。洗い終わった服からはなぜかキツイ漂白剤のにおいが・・・??
なんで!!?

気を取り直してネットで試合をチェックしたら丁度初日から「ハワイアンプロ」は開催されていた!!!
昼の一時からの女子の部に間に合うことを祈りながら迎えの車に乗り込んだ。


ところがノースショアまで車で一時間弱のはずが試合のせいもあってか道が何箇所か渋滞で
結局一時間半もかかってしまった。


ノースショアのホステルは小さな道一本をはさんで両側にバンガローが並んだ形。
ひとつの小さな村みたいになっている。

チェックインを済ませて、早速ちゃりんこをレンタル。
青いマウンテンバイク。(1日5ドル)
ワイメアビーチの前の道が確かすんごい坂だったな・・・でもタダで筋トレ・・・と
自分に言い聞かせる。笑。


好きな曲を大音量で聴きながら・・・









橋を渡って・・・










坂を思いっきり立ちこぎしてようやく登りきったところで、海からびゅうって吹き付ける風が最高に気持ちがいい。



混みに混んだ車の横をすいすいちゃりんこで走り抜ける。








試合が行われてるハレイワにつく頃には汗ダクになっていた。




















試合はすでに後半。波のコンディションはイマイチであんまり良いのは見れなかったけど
初めてサーフィンの試合を見たのもあって、かなり興奮した!


太陽の下で見てたのでかなり暑くなったので、有名な『MATUMOTO シェイブアイス』を食べに行くことにする。ハレイワビーチから自転車でとばして3分くらい。


その名前の通り、松本さんがはじめたカキ氷屋さん。







雑誌にもバンバン載ってるみたいでその店はハレイワの立派な観光スポット化している。
店内にはTシャツや、キーホルダーまで‘MATUMOTO’グッズが売っていた。


カキ氷の下にアイスクリーム、甘くゆでたアズキをトッピングできる。
私はちょっと奮発、ダブルトッピング!!うひょーーーー!!











この後もほかで何回か食べたけど結局ここのカキ氷が一番細かい氷で
ふんわりしていて一番おいしかった。




自炊の買出しもあるし、ホステルに戻るか・・・
って走り出したらなにやら隣のビーチで人だかりが。

自転車とめて見にいってみたら何と海がめが五匹も陸に上がって休憩してるとこだった!!







体を温めるためと昼寝がてら、浜に上がってくるらしい。


目を閉じて静かに呼吸をする海がめ。
大きいし、こんなに間近でみたことがなかったんで感動!!!
一度に五匹は珍しいらしい。らっきー。



その後スーパーで4日分の買い出し。豆腐が売ってたから、サラダにも炒め物にもできるように硬い方を買って
ゴーヤチャンプルもどきのゴーヤぬきパスタ(笑)を作った。
材料はキャベツ、人参、マッシュルーム、豆腐、チキン、パスタ・・・。

醤油&ごま油ベースのゴマドレッシングで味付け。
(このドレッシングも炒め物にもサラダにも兼用)







思った以上の出来で大満足でパスタを食べてたら急にホステルが停電になった!!
しょっちゅうではないらしいけど、どうやらしばらくの間回復しそうにないんで
ノルウェーからきてた女の子たちが買い込んでしまったアイスクリームをみんなで笑いながら大急ぎでむさぼり食べた。


停電して当たりは真っ暗で、星だけが空いっぱい明るい。


三時間後にようやく電機は復旧した。
みんなで拍手と口笛で喜んだ。











| U.S.A. | 18:27 | comments(5) | trackbacks(0) | |
カウアイ三昧。
カウアイ島はハイキング三昧の六日間だった。
・・・あ、結局伸ばしました。六日間に。笑。

カウアイ島は至る所にハイキング&トレッキングコースがあって自分に合った距離を選ぶことができる。
海に潜れば、カラフルな魚を楽しめるし、自然好きの私にはもってこいの島!!









ホステルの人たちと一緒に、海側のコースを選んだり、渓谷に流れる川沿いのコースを選んだりした。
一人じゃないから人生初ヒッチハイクなんかもしながら。(w゚д゚)wカモーンカモーン!!
途中まではバスが通ってるんだけど、ホノルルと違ってバスに乗ってどこまでもいけるわけじゃない。









トレッキングの入り口まではヒッチハイクでいく。

最初は親指立てて手を上に上げるのが恥ずかしかったりもしたけど、あんまりできない経験なんで
とことん楽しむことに。ちょっと余裕が出てきて白い歯みせて思いっきり笑顔でいたら、すぐに人のいいカップルが止まってくれた。


初日は海沿いコース。往復4時間近いアップダウンの激しい道も、海から吹く風がここちがいい。









どこを歩いても見たことのない植物や、動物がいてその一つ一つを楽しみながら歩いた。
日本にいたときは山登りなんて中学校以来したことなんてなかったけど。
いいもんですねぇ。大自然の中で汗をかくのって(´Å`)









木には鈴なりにアボガドやグアバの実がなっている。
もちろんグアバはとって食べました!!うます!!(アボガドは手が届かんかった。)


日本で柿とかイチジクもぎって食べてたのおもいだしたよ。くみ、ちえ。
懐かしいな。(笑)

山の中には日本の花屋さんで売ってそうな高そうな植物もいっぱい。
このデカさなら鉢植えだと数万円は・・・なんて考えながらも先へとすすむ。














途中きれいなビーチに出たけど、‘危険’の看板だらけだったので泳ぐのはやめといた。
















83本目のラインにはなりたくないもんで。



2日目は川沿いの山道。
































街中のホノルルとちがってかなり癒された六日間だった。
疲れてたのもあったのか落ち込んだ日もあったけど・・・。
きっともう大丈夫な気がする。


体にほどよい筋肉痛を感じつつ、後ろ髪を引かれながらカウアイを後にした。

次はオアフ島のノースショアで‘トリプルクラウン’の内のひとつ『ハワイアンプロ』をみるために戻ります。
2週間のうちで波のいい日だけ4日間の開催。
どうか見ることができますように!!





| U.S.A. | 17:31 | comments(2) | trackbacks(0) | |
small town。
カウアイ島での毎朝の日課。

七時に起きて、身支度してからカメラとPCもって散歩に出る。


この時間は朝焼けが毎日きれいなんだな。











ぷらっと、まだ静かな街中を散歩してから

行き着く先は“small town”っていう名前のちっちゃなカフェ。









オーガニックコーヒーっていうのもいいじゃない?

スターバックスのミディアムサイズでなみなみ入って1ドル45セント。









見せの前にある‘飛び出し注意’のボード。手にコーヒーカップが貼り付けてあるねん!!笑。



他にもたくさんカフェはあるんだけど、このこじんまりした感じと店内で流れる音楽と
どこか懐かしささえ感じる落ち着いた雰囲気に魅せられてほぼ毎日通った。



| U.S.A. | 18:06 | comments(4) | trackbacks(0) | |
<< | 2/3PAGES | >>